9/1,2 re:Liの2fに現代的ノマドをテーマにした限定ショップが登場です。





現代的ノマドをテーマに、2日間re:Liの2階にリミテッドショップを作ります。




“ノマド”とはなんぞや?




という方、参考までにこちらを。。

charm.at.webry.info/201208/article_7.html



元々の言葉の意味は遊牧民だそうなのですが、オフィスでも自宅でもなく、外出先で仕事をする彼らは「ノマドワーカー」と呼ばれ、近年注目を集めているようです。



都会の遊牧民。。








面白い記事としてははこんな側面も。。



スマートフォンと高級ノートをセットで愛用しているケースが良く見られるのだとか。ノートは、イタリアブランドの「モレスキン」が人気とあり、その売り上げは若干ながら伸びているとのこと。
高級な文具を使うことでモチベーションが上がるのだそう。アナログなツールにもこだわることで、縛られない環境の中でも緊張感が生まれるのかもしれません。






こんな経済効果もあるんですね。
















” ノマド ”




要は自由ですね。



ただ自由に対する認識は大切。








いいと思うものを自分たちのスタンスで面白いようにやる。



フリーや独立に憧れる今の20代~30代の僕らの世代の中で、時間に拘束されない働き方は確かに魅力的。

ただ、そういう働き方は決して楽ではないし、責任も伴う。

その上でいかに楽しんで、納得して、消化できるか。




だと思うんです。







そのコンセプトの元、名古屋のショップが集まり、新しい試みを。


そして、東京からミキリハッシンの山口壮大さんをお招きし9/1の夜には座談会も行います。







何か響くものがあるはず。







2階のリミテッドショップに関しては入場フリーです。



お茶ついでに是非のぞいてみてください







お待ちしてます。







takumi









コメントは受け付けていません。