食堂ワニ / ミズノミカって?

 

こんにちは、ミズノミカです

 

かさかさかさと乾いた音を立てて

道いっぱいに重なる落ち葉のうえを歩く

鮮やかだった葉の色も足許で日に日に褪せる

葉を落とした木の枝は寒そうに丸まることなく

ぴん、としている

 

今年の冬は、ぴん、と過ごそう

寒がりのわたしは毎年そう決意するのだけれど

もう既に冬支度の毛布が恋しい

 

IMG_2272

 

 

来週に迫りました「食堂ワニ」から

ぴん、とするようなお知らせ

 

有難いことに

早くも ご予約が定員に達しましたので

受付を終了させていただきました

ありがとうございます

わくわくする気持ちを集めて

当日を楽しみに準備を進めております

 

キャンセル待ちをご希望のお客様は

re:Liスタッフまでお声掛けいただくか

お電話でお問い合わせくださいませ

尚、お電話の場合は

ランチタイムを除く15:00以降お願いできると助かります

 

12/12(sat)音のある食卓「食堂ワニ」第二話

順番にして参りました出演者の紹介も残るはひとり

わたし、ミズノミカのこと

 

ミズノミカ

 

re:Liとミズノミカが出会って

「食堂ワニ」という夜が生まれました

 

丁寧に愛を持ってやってみたら

なんだか嬉しい表情や素晴らしい音楽と

あたらしい形で出会い直しているような

そんな「食堂ワニ」という名前のイベント

 

re:Li で開催される

音楽と食を楽しむ一夜

わたしは何をするか、歌を歌います

 




 

ミズノミカ  http://www.mizunomika.com

 

シンガーソングライター

ロンドン生まれ名古屋育ち

興味と想像力を抱きしめて暮らしている

ことばをうたい、色を描き、針と糸で縫う

 

2004 − 2014

10年のあいだ日本の京都に暮らし

岡田康孝(コントラバス)とのふたりぐみ

“みかとやす”のピアノと歌、作詞作曲を担当

『金平糖』『握手』『惑星とスープ』『09』『これを、愛と言う』など

様々な音楽作品を発表し2014の春に解散

 

2013 −

“tsukuyomi”(庸蔵’s band style)に

voiceとして参加している

 

自身による刺繍のアクセサリーブランド

“machi bari mika”(マチバリミーカ)を始動

また、ドローイング作品の展示を行うなど

かたちに決め事をつくらず作品を残している

 

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image

 

 




 

音のある食卓

『食堂ワニ』第二話

2015/12/12(sat) at.  re:Li

<LIVE>
・chocolatre
・曲がる
・ミズノミカ

<FOOD>
出演アーティストの
音や言葉からimageした
一夜限りの“ばんごはん”を
re:Liがご用意します
是非おなかを空かせて
遊びに来てください

18:00 open
19:00 start
charge ¥5,000
(2ドリンク+ばんごはん付き)

ご予約の受付は終了いたしました

mail@cafereli.com/052-265-6139

 


ミズノミカ

 



コメントは受け付けていません。