発信するということ


先日、リムヘアーのKANTAROさんをお招きし、名古屋の美容師さんを含めトークイベントをre:Liにて。



僕が思う名古屋発信、名古屋でおもしろいことを。の本質を自分なりに消化してみました。


名古屋の美容業界の代表の意見、KANTAROさんの意見。
どちらが正しい、ということではないですが、後者に賛同でした。


その理由を少し。。。





お店をはじめて1年半。



名古屋でお店をはじめた理由。



名古屋を盛り上げたい。



最初はただそれだけ。
何を根拠に。。



KANTAROさんの話でひっかかったフレーズが。。



「名古屋を本当に盛り上げたいと思ったら東京に行ったほうが早い。」
「地元で頑張って地元で情報を発信し続けるよりは、東京から、名古屋こんな面白いことやってますよ!こんな面白い人いますよっていったほうが早い!」




確かに。




合理的。



正直この考えはなかった。





どちらかと言うと名古屋を盛り上げたいとか名古屋地元愛的な人からいうと、


東京じゃなくていい。



とか、



目的なく上京する人が多い中で、東京行ったら何とかなるって思ってるんじゃないの?



みたいな。



そんな軽視線。




確かに今はSNSが普及しfacebookやtwitterで簡単に情報が共有できてしまう時代。
情報が飛ばせる時代。



でもそこには温度がないな、人間味とか。


人ありき。


パーソナルな部分だと思うんです、僕はやっぱり。


離れた人とネットで情報を共有するよりは、確実に現場で取るコミュニケーションに意味があると思うから。






そして時間軸の話も。


30くらいで独立したいから今どうこうして。。。



。。。

そもそも30くらいで独立って誰が決めたの?


誰の理想図?


もしかしたら30なんて遅いのかもしれない。

もう人生の折り返しを迎えているかもしれない。





なんて。





そうはいっても、僕も30までにって考えてたのも事実。


まぁそれはそれとして、




僕が今やっている「お店」は自己表現の手段の一つ。

仮に、お店をやりたいという一つの目的をなしえたなら、その先。



今、当たり前とされていることに疑ってみる、それはほんとに自分にとって正しいか。



ということや、



一つ一つにちゃんと答えを出して進んでいかなくてはいけない、そんな時期に来ているのかなとも思いました。






KANTAROさんに教えてもらったポーズ。

re:Liの皆で。笑

こういうものもムーブメントの一つですよね。



自己満足ってよく言ったもので、
「ただの自己満じゃん。」てよく言いますよね。卑屈気味に。



自分が満足していなかったら、人を満足にはできないんじゃないか?今はそう思えます。



毎日楽しく仕事をして、無心で好きな事に没頭して。
楽しいですよって自信を持っていえる。



そんな生き方が素敵ですねって賛同してもらえる。




基盤は名古屋にあるものの、東京や情報発信が多い土地に出向いてその話をする。




そう思えばこの考えはやっぱり合理的。








東京行くか。笑



単純。。






またどこかで会える日を楽しみに。
KANTAROさん、良い刺激をいただきました。




ありがとうございます。





takumi












コメントは受け付けていません。